人工の歯を埋める治療

歯科治療

川崎市内ではインプラント治療と聞いてもピンと来ない人が多かった時代も終わり、かなりの人が理解出来るようになって来たようです。インプラントとは歯を指すと思われがちですが、本来は人の体に埋め込む人工物を指すものになります。歯の治療で行われる治療は、デンタルインプラントと呼ばれるものですが、最近ではインプラントとは歯の治療と考えることが一般的になって来ています。この治療の良さは歯が抜けてしまった場所に、人工の歯根を埋めることで本来お歯の代わりにする方法です。治療後の良さは、従来のブリッジとか入れ歯とは違い、他の歯を傷つけることなく、丈夫な歯となる役目を担うことになるからです。特に高齢化が進んだ今の時代には、歯を大事にする必要があり、インプラント治療を求める人が増えています。

他の歯を傷つけない治療

インプラント

川崎でインプラント治療が行われる前では歯を失ってしまった時、両隣りにある歯を利用して人工の歯を被せていました。このブリッジと言われる治療では両隣りにある歯を削る必要が出て来てしまい、また奥に歯のない時には金属性のばねを利用しての入れ歯と言うことになっていました。しかしこれらブリッジとか入れ歯と言う対策をとっても、本来の歯の働きまでは出来ませんでした。噛む力が弱くなってしまうなどの不都合が自然に起きていました。この状態を長く続けることで、ブリッジとなった歯や入れ歯を支える歯には、相当な負担がかかることになってしまいます。負担が多くなり、歯自体が傷むと言った悪循環になってしまっていました。

新しく歯が生えたと同じ環境に

歯科治療

川崎で受けるインプラント治療が良い理由に、独立した歯が出来ると言うことです。ブリッジとか入れ歯のように他の歯に負担をかけることなく、歯を活かすことが出来るメリットが生まれることになります。他の歯に負担をかけないと言うことは、他の歯がそれだけ長持ちさせることになり、歯の寿命を長くさせる効果を持つことになります。またアゴの骨にも良い影響を与えることからも、顔の形が変わるなどの心配もなくなるよさが出て来ます。

治療期間が長くなること

インプラント

川崎で行うインプラント治療は手術を必要とするために、簡単に治療が進むものではありません。また最新技術でもあるため不慣れな医師も多くいると思われ、治療で失敗しないためには、病院選びも重要なことになると知っておくべきです。またカウンセリングをキチンと行ってくれる歯科医を選ぶべきで、強引に治療に入ろうとする歯科医は避けるべきでしょう。治療を受ける側が納得出来るカウンセリングがあり、治療方法や費用に納得してから治療に入るようにしましょう。手術は一回で終わらず、二回必要になります。治療の内容によっては治療期間も大きく違って来ることもあり得るので、最低でも半年かかり一年を超す治療もあると知っておきましょう。